両手を解放、ALSONTECH 3Dビジョンとロボットによるボルトロック自動化ソリューション

2023-03-09 09:31

 

ボルトロックは、組み立てに最も一般的な接続方法で、製造業界で広く使用されています。従来の手動締め付けから、サーボ、空気圧、または電力ールによる締め付けまで、人間作業が不可欠です。人手不足が、従来の製造単一カテゴリの大量生産モードからマルチカテゴリ、注文ベースの生産モードへの変換と相まって、ロボットが自動車、建設機械、アセンブリなどの自動製造分野に導入されています。

ロボットでのボルトロックによって、人間が重い手作業が解放され、労働効率も大幅に向上します。人的要因による製品品質の不一致も回避でき、製品の生産効率と加工品質の改善が達成されます。ALSONTECHは、ロボットの目と頭脳に当たる高品質の3Dビジョンカメラとアルゴリズムを提供することにより、多様なロックシナリオの対処や、処理の柔軟性を向上させるのに役立ちます。


01
高精度の要件はOK

ボルトロックは厳しい低公差アセンブリで、総合的な位置決め精度が一般に約±0.5mmです。Alson 3Dビジョンは最適なベースライン設計と高品質の部品選択、アルゴリズムの最適化を組み合わせることで、カメラ自体の精度が±0.03mmに達し、厳しい精度要件を満たします。


02安定性の要件はOK

ロボットによるボルトロックが、経験、疲労、ミス、及び他の不安定な要因を排除します。3Dビジョンは、ロボットが正確にボルトをロックするように導きます。Alson3Dビジョンは安定した双眼構造設計を採用し、温度や環境の変化が精度に与える影響を効果的に低減し、組付けプロセスの一貫性を実現できます。


03高効率の要件はOK

ワークや加工機器のボルトは10個、数百個以上があります。手動締め付けは非効率で、3Dビジョン付きのロボットにより、24時間連続稼働で効率が大幅に向上しました。同時に、機械的操作が標準化ので、見逃し、誤りロックなどのミスが少なくなり、生産ラインの処理効率がさらに向上し、時間コストと材料コストも削減されます。


ALSONTECH 高精度3Dビジョンセンサ

ALSONTECHは、様々なタイプ、サイズ、表面や周辺の特徴を持つボルトの多様なロックシナリオに応じて、各規格の高精度3Dカメラを提供し、ユーザーの異なった距離と視野のニーズを満たします。

  • 機械加工部品のボルト、スタッド、ナットは、表面に一定量のオイルがあります。標準版のAlson3Dカメラは青いパタン構造化光を採用し、異物付着の影響を避けられます。生産現場のほとんどの照明環境に適応できます。

  • Alson Cシリーズ双眼パタン構造化光カメラは、繊細な点群と高速イメージングの利点があり、視野内の複数のロックポーズの座標情報を一度にフィードバックできるため、全体的な操作効率がさらに向上します。

  •    06C-S.2009.pnguntitled.1998.pnguntitled.1998.png‍‍

           AT-S1000-06C-S       AT-S1000-07C-S1       AT-S1000-07C-S2

               

                  

豊かなプロジェクト経験

 

                      01 ALSONTECH AT-S1000-06

                                                 エンジンクランクシャフトのボルトロ


               02 ALSONTECH AT-S1000-06C-S

                 サポートホイールのボルトロック

 


              03 ALSONTECH AT-S1000-06C-S

              エンジンシリンダブロックのボルトロック


                 04 ALSONTECH AT-S1000-06C-S

                 タイヤのボルトの組付けとロック


                 05 ALSONTECH AT-S1000-07C

                    ハングパートのボルトロック